「アクティブ運用」の投資信託は「NISA」や「iDeCo」での利用がおすすめ

シェアする

海の画像

2018年1月から「つみたてNISA」がスタートしたこともあり、投資信託の人気が少しずつ高まってきています。

投資信託は大きく2つに分類すると「アクティブ運用」と「パッシブ運用」に分けることができますが、今回は「アクティブ運用」の投資信託は「つみたてNISA」で利用するよりも「NISA」や「iDeCo」で利用すべき理由について解説していきます。

パッシブ運用は長期・分散・積立

パッシブ運用の投資信託はインデックスファンドと呼ばれることが多く、特定の市場の動きに100%連動することを目的に運用されており、「値上がり」狙って運用されているわけではありません。

「値上がりを狙わない運用」と聞くと「そんな投資信託を買っても利益が出ないのでは?」と思われるかも知れませんが、右肩上がりに成長すると思う市場を選んで投資し、その予想が的中すれば市場の成長に連動してリターンを得ることができます。

そこで問題となるのが、どの市場に投資するかということです。国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内不動産、先進国不動産、金(ゴールド)などのコモディティなどといった様々な市場のうち、どの市場が右肩上がりに成長するのかを予想し、その予想を的中させることは簡単なことではありません。

そこで「それなら全部の市場に分散して投資すればいい」という考えが生まれてきます。この考え方が「分散投資」の原点です。全ての市場における過去の値動きを分析し、最も効率よくリスクとリターンのバランスがとれる分散比率を計算して運用すれば、長期的には最も確実にリターンを狙うことができます。

このような「長期国際分散投資」のアルゴリズムは既に一般化されており、今ではロボットアドバイザー(ロボアド)のサービスを利用すれば10万円程度の資金からハイレベルな「長期国際分散投資」を自動で行うことができます。ロボアドにご興味のある方は以下の記事で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい。

今から資産運用をスタートするなら、本格的な国際分散投資を手軽にスタートできるロボットアドバイザー(ロボアド)の利用をお勧めします。ただし、ロボアドなら何でもいい訳ではありません。今回は初心者の方にお勧めのロボアドとその理由について詳しく解説していきます。

このようにパッシブ運用の投資信託は長期分散投資の対象としての有用性が高く、ドルコスト平均法を利用した積立投資との相性が抜群な投資信託です。

アクティブ運用は短期・集中・一括

「投資信託は長期投資が基本」という話をよく耳にすることがあると思いますが、全ての投資信託が長期投資を前提に設定・運用されている訳ではありません。

アクティブ運用の投資信託は市場平均を上回るリターンを狙うように運用されるというのが原則です。従って、アクティブ運用の投資信託を購入する人の大半は、数年程度で大きなリターンが出ることを期待しています。

市場平均を上回るような運用を効率的かつ合理的な市場で行うことは簡単なことではありません。仮にそのような運用手法を発見できたとしても、何十年も通用するようなことはなく、せいぜい数年でリターンが出なくなるのが普通です。

アクティブ運用の投資信託を運用するファンドマネージャーの多くが普通の会社員であり、ファンドマネージャーとして勤務する期間に限界があることから考えても、優秀な実績を出すアクティブ運用の投資信託の寿命が何十年も続くことは考えにくいと言えます。

長期運用におけるアクティブ運用とパッシブ運用のリターンを比較すると、パッシブ運用よりも高いリターンを実現できるアクティブ運用の投資信託はアクティブ運用の投資信託全体の2割~3割程度となっていることから考えてもアクティブ運用の投資信託は長期投資には向いていないことは明らかです。

アクティブ運用の投資信託は市場平均を上回るリターンを狙うために市場全体の動きを上回ると予想される投資対象に対して集中的に投資することが多くなりますが、このような運用はコストが高くなる傾向があり、そのコストは投資信託の購入者が信託報酬という形で支払うことになります。

以上のようなアクティブ運用の性質上、アクティブ運用の投資信託は一括購入による短期売買によってリターンを狙うのが一般的です。

パッシブ運用は「つみたてNISA」向き

パッシブ運用の投資信託は、国際分散投資によるポートフォリオに対して長期に渡って積立投資する「つみたてNISA」での利用が最適です。

一般のNISAが原則5年間の非課税期間であるのに対し、「つみたてNISA」の非課税期間は20年となっていることから長期国際分散投資を行う場合は「つみたてNISA」の利用が最適だと言えます。

同じく60歳までの長期非課税制度として「iDeCo」もあるのですが、「iDeCo」は長期投資だけではなく、実は短期投資でもその威力を発揮するのに対し、「つみたてNISA」の威力は年間の買付枠の計算方法の問題があるため長期投資でしか発揮できないという点で、完全にパッシブ運用向きの投資制度であると言えます。

「つみたてNISA」に興味のある方は以下の記事で詳しく解説しています。

「つみたてNISA」に興味はあるけど、具体的にどのような制度なのか良く知らないという人にむけて、事前の知識がゼロでも3分で「つみたてNISA」の制度を理解してもらい、自身を持って運用をスタートして頂けるように解説してみました。

アクティブ利用は「一般NISA」向き

いくつかの例外はありますが、アクティブ運用の投資信託には「賞味期限」があるのが普通です。明確に「運用期間10年」というように賞味期限を宣言しているアクティブ運用の投資信託などは分かりやすいのですが、無期限と謳っておきながらも運用資産額が少なくなった段階で運用を打ち切る(繰上償還)投資信託もあります。

アクティブ運用ではその時代に合わせたタイムリーな「テーマ」に合わせて運用するものが多く、今だと「ロボット」や「AI」などといった技術的なものをテーマにしたものや「インド」「ベトナム」などといった特定の地域を「テーマ」にしたものなどが人気です。

しかしながら、20年先のマーケットにおいてもこれらのテーマの人気が続くとは考えられず、賞味期限はせいぜい5年程度と考えて、適当なタイミングで利益を確定することが大前提となります。

アクティブ運用の投資信託の賞味期限は長く見積もっても10年程度のものが大半であり、その後はだんだんと人気が落ちてくるのが普通です。というのも投資信託を販売する金融機関は、手数料の高いアクティブ運用の投資信託を買わせた後は、数年ごとに新しい別の投資信託に乗り換えさせる方が儲かるからです。

投資信託を購入する方の中には、数年程度で大きなリターンが期待できる投資信託の方が、20年も持ち続ける投資信託よりも魅力的に感じるという人もたくさんいらっしゃいます。

市場平均を上回るリターンを出すアクティブ運用の投資信託に次から次へと乗り換えていくことで、パッシブ運用の投資信託による長期運用のリターンを上回ることを目指すことこそ、投資の醍醐味だと考える人も珍しくないのです。

このようにアクティブ運用の投資信託を購入後、数年程度で売却することを前提とした場合、年間に120万円までなら好きなタイミングで一括購入できる一般のNISAを利用する方が、年間40万円の積立しかできない「つみたてNISA」よりも使い勝手がいいことは間違いありません。

「iDeCo」はオールマイティー

「つみたてNISA」はパッシブ運用、「一般のNISA」はアクティブ運用の投資信託の利用が最適だということは既にお伝えしました。それでは「iDeCo」はどうかと言うと、パッシブ運用もアクティブ運用も利用できる最強の節税制度であると言えます。

「つみたてNISA」も「一般NISA」も1年間で購入できる購入枠の計算に「乗り換え(スイッチング)」による購入額が加算されるという致命的な欠陥があります。

120万円で購入したアクティブ運用の投資信託が3年後に200万円まで値上がりしていたので売却した場合、「iDeCo」では売却によって得た200万円で別の投資信託を購入することができますが、NISAでは200万円を手にしても、その年に購入できるのは120万円までです。

「iDeCo」は積立てによって購入した金融商品を自由に別の金融商品に乗り換えることができますので、長期投資にも短期投資にも対応可能です。「iDeCo」についてご興味のある方は以下の記事で詳しく解説しています。

「iDeCo」とは節税しながら老後資金の準備ができる、とても有利な個人年金制度です。今回は、2018年から導入された新しいルールも含め、誰でも3分で「iDeCo」の始め方が分かるように、どこよりも分かりやすく解説してみたいと思います。

まとめ

投資信託には長期投資に向いているパッシブ運用の投資信託と短期投資に向いているアクティブ運用の投資信託があり、これらの特性を理解した上で「つみたてNISA」や「iDeCo」、「一般のNISA」などの非課税制度を利用するようにしましょう。

念のために申し上げておきますが、数あるアクティブ運用の投資信託の中には長期運用を前提としたものも存在しています。

ただし、アクティブ運用の投資信託は信託報酬と呼ばれる運用コストがパッシブ運用の投資信託と比べてかなり割高になる傾向がありますので、毎年発生する信託報酬の差を埋めるだけのリターンを長期間に渡って出し続けない限り、手取りのリターンは少なくなるということは事前に理解しておきましょう。

アクティブ運用とパッシブ運用は運用方針に違いであり、どちらが有利でどちらが不利ということはありません。それぞれにメリットとデメリットがありますのでご自身の運用スタイルに合わせて上手に使い分けることで、運用の幅が広げていくことが可能となります。