光本 小太郎一覧

ウェルスナビを他社提携サービスで利用するメリットとデメリット|SBI・ソニー・ANA・イオン・浜銀・JAL・東急

「ウェルスナビ」は、SBI証券、住信SBIネット銀行、ANA、ソニー銀行、イオン銀行、横浜銀行、JAL、東急カードでもサービスが提供されています。この記事では、これから「ウェルスナビ」を利用するならどの提携企業のサービスを選ぶのがいいのかについて調査し、まとめています。

プロが「iDeCo」でおすすめする定期預金と投信を組合せた運用法

「iDeCo」を運用する際の最も重要なポイントは定期預金の使い方です。定期預金を上手に利用できる人と、そうでない人とでは、「iDeCo」での運用実績に大きな差が出てしまう可能性があります。この記事では「iDeCo」における定期預金の上手な利用方法と具体的な投資信託との組合せ方について解説しています。

ETFのメリット・デメリットを理解して賢く利用するシンプルな方法

ETFと投資信託の違いを理解して上手に利用することで、あなたの資産運用コストを大幅に引き下げることができ、投資戦略の幅も大きく広げることができます。この記事ではETFに関する最新の情報に基づいて、ETFのメリット・デメリットをわかりやすく説明し、簡単に賢くETFを利用するためのシンプルな方法について解説しています。

「つみたてNISA」対象ファンドの資金流入額TOP10から選ぶべきファンドはこの5本

「つみたてNISA」の対象ファンドは2月2日時点で141本ですが、そのうち126本は特定の指数に連動するインデックスファンドです。「つみたてNISA」がスタートした1月から2月末までの2ヶ月間で資金流入の多かったファンドを見てみると、選ぶべきファンドと選んではいけないファンドが混在していることに気が付きます。

「つみたてNISA」は理想的なスタートになっていると考えられる理由

2018年からスタートした「つみたてNISA」ですが、スタートと同時に世界的な株式市場の調整局面に見舞われてしまい、不安な日々を過ごされている投資ビギナーの方もいらっしゃるのではないでしょうか。それとは逆に積立投資のベテランの皆さんはいい時期にスタートできたと考えているはずです。今回はその理由について解説していきます。