iDeCo一覧

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド 」のどちらを選ぶべきか

「楽天・全米株式インデックス・ファンド 」の強力なライバルとして「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が登場することになりました。この記事では、米国市場の株式に投資する際の選択肢として、どちらの投資信託を選択すべきかについて解説しています。

iDeCoをターゲット・イヤー ・ファンドで運用するメリットとデメリット

改正DC法の施行により、「iDeCo」の指定運用方法としてターゲット・イヤー・ファンドを選ぶ金融機関が増えそうです。この記事ではターゲット・イヤー・ファンドの説明に加え、「iDeCo」でターゲット・イヤー・ファンドを利用するメリットとデメリットついて解説しています。

改正DC法で「iDeCo」の運用商品数は35本以下に|SBI証券利用者が気をつけるべきポイント

「確定拠出年金制度等の一部を改正する法律」の施行され、「iDeCo」で利用できる運用商品数の上限が35本となり、基本運用商品が投資信託に切り替わります。この記事では60本を超える運用商品数を誇るSBI証券を利用する際に注意すべきポイントや基本運用商品の変更について解説しています。

プロが「iDeCo」でおすすめする定期預金と投信を組合せた運用法

「iDeCo」を運用する際の最も重要なポイントは定期預金の使い方です。定期預金を上手に利用できる人と、そうでない人とでは、「iDeCo」での運用実績に大きな差が出てしまう可能性があります。この記事では「iDeCo」における定期預金の上手な利用方法と具体的な投資信託との組合せ方について解説しています。

自営業やフリーランスが優先すべき老後の資金対策は「iDeCo」?それとも「国民年金基金」?

アルバイトで生計を立てているフリーターの皆さん、自営業、フリーランスとして働いている皆さんが、老後の生活資金を準備する場合、基本となるのは「国民年金」ですが、それだけでは不安な場合は「iDeCo」あるいは「国民年金基金」の利用が可能です。今回は「iDeCo」と「国民年金基金」の違いと選択の基準についてです。

相場急落時に確定拠出年金「iDeCo・DC」で行うべき「スイッチング」とは

確定拠出年金は「つみたてNISA」と違って運用している金融商品を好きなタイミングで自由に別の金融商品に乗り換えることができます。このような金融商品の乗り換えを「スイッチング」と言います。今回は確定拠出年金の特徴と、相場急落のタイミングにスイッチングを行うことのメリットについて解説していきます。