iDeCo一覧

プロが「iDeCo」でおすすめする定期預金と投信を組合せた運用法

「iDeCo」を運用する際の最も重要なポイントは定期預金の使い方です。定期預金を上手に利用できる人と、そうでない人とでは、「iDeCo」での運用実績に大きな差が出てしまう可能性があります。この記事では「iDeCo」における定期預金の上手な利用方法と具体的な投資信託との組合せ方について解説しています。

自営業やフリーランスが優先すべき老後の資金対策は「iDeCo」?それとも「国民年金基金」?

アルバイトで生計を立てているフリーターの皆さん、自営業、フリーランスとして働いている皆さんが、老後の生活資金を準備する場合、基本となるのは「国民年金」ですが、それだけでは不安な場合は「iDeCo」あるいは「国民年金基金」の利用が可能です。今回は「iDeCo」と「国民年金基金」の違いと選択の基準についてです。

相場急落時に確定拠出年金「iDeCo・DC」で行うべき「スイッチング」とは

確定拠出年金は「つみたてNISA」と違って運用している金融商品を好きなタイミングで自由に別の金融商品に乗り換えることができます。このような金融商品の乗り換えを「スイッチング」と言います。今回は確定拠出年金の特徴と、相場急落のタイミングにスイッチングを行うことのメリットについて解説していきます。

20年間で家計金融資産を3.3倍に増やす米国と1.5倍の日本と違いは投資信託と預金の差だった

米国では普通の会社員でも退職後の個人金融資産が1億円を上回るケースは珍しくありません。過去20年間で家計金融資産は米国が3.3倍、英国で2.5倍に増加しているのに日本では1.5倍にしか増えていません。このような差はいったいどこから生まれてくるのでしょうか。

KDDI(au)の「iDeCo」への参入で期待される「iDeCo」専用ロボアド

KDDI株式会社は株式会社大和証券グループ本社と合弁会社「KDDIアセットマネジメント株式会社」を発足させ、資産運用サービス分野に参入することを発表しました。まずは確定拠出年金運営管理業への参入からスタートするということですので、「iDeCo」専用ロボアドに期待したいと思います。

ロボアドの国際分散投資を「iDeCo」で再現するための具体的な方法

ロボアドが行っている国際分散投資を参考にすれば、ほぼ同じ運用を「iDeCo」再現することが可能です。「ウェルスナビ」、「マネックスアドバイザー」、「楽ラップ」といったロボアドの運用成績に満足している人も多いと思いますが、「iDeCo」でも同じ運用をすることは可能です。

「iDeCo」に毎月1万円を拠出するだけで1000万円の老後資金を作る投資戦略とは

積立投資は資産を形成する上で最も有効な手段のひとつだと言われますが、毎月1万円の積立で1000万円の資産をつくることができるのでしょうか。今回は毎月1万円の「iDeCo」への拠出で1000万円の資産を作り上げるために必要な考え方や具体的な戦略について解説していきます