つみたてNISA一覧

「つみたてNISA」2018年12月末の評価損益はマイナスでOK!|1年目の運用報告

「つみたてNISA」がスタートして1年が経過しました。この記事では、2018年における著者の1年目の「つみたてNISA」の運用状況をご覧頂きながら、12月末時点において「つみたてNISA」で評価損を抱えている多くの皆さんに再確認してもらいたいポイントをまとめています。

バランスファンド選びで失敗しないために知っておくべきたったひとつのポイント

ここ数年で人気化しているバランスファンドですが、間違ったバランスファンドを選んでしまう人は意外に多いようです。この記事では、「iDeCo」や「つみたてNISA」のような長期積立投資でバランスファンドを選ぶ場合に最も大切なポイントについて解説しています。

つみたてNISAでバランスファンドを選ぶ基準と知っておきたい上手な利用法

「つみたてNISA」で投資信託を選ぶ際の候補として、複数の資産クラスに分散して投資できるバランスファンドをお考えの方も多いと思います。この記事では「つみたてNISA」で自分に最適なバランスファンドを選ぶための考え方と上手な利用法について解説しています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は楽天全世界株式インデックスファンドの強敵に

1本の投資信託で全世界の株式市場に分散投資できる「全世界株」ジャンルの投資信託に人気が集まっています。この記事では2018年10月31日設定の「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」についてご紹介し、既存の全世界株系の投資信託との違いについて解説しています。

株価急落時の楽天インデックスバランスファンドの値動きに見るバランス型のメリット

バランスファンドの最大のメリットは株価急落時における基準価格の下落率が小さいため、冷静に投資を継続できる点にあります。この記事では2018年10月第2週後半に発生した「世界同時株安」における楽天・インデックス・バランス・ファンドの実際の値動きを確認し、バランスファンドがどのように機能したのかを解説しています。

比較可能な共通KPIでわかった投資信託で失敗する人の特徴とは

「投資信託の販売会社における比較可能な共通 KPI」が国内全ての金融機関で公表されるようになりました。この記事では公表された共通KPIから見えてくる、投資信託で失敗する代表的なパターンを解説し、投資信託を利用して資産を増やすための基本ルールをご紹介しています。