つみたてNISA一覧

つみたてNISAで失敗しないために知っておくべき3つのポイント

「つみたてNISA」に興味はあっても具体的に何から始めていいのか分からないという人も多いと思います。この記事では「つみたてNISA」を始める人が知っておくべき重要なポイントとして、具体的な金融機関や投資信託の選び方、オススメの投資信託などについて解説しています。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド 」のどちらを選ぶべきか

「楽天・全米株式インデックス・ファンド 」の強力なライバルとして「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が登場することになりました。この記事では、米国市場の株式に投資する際の選択肢として、どちらの投資信託を選択すべきかについて解説しています。

つみたてNISAの運用実績からわかる積立投資のメリットと選ぶべき投資信託【6ヶ月目の実績を公開】

「つみたてNISA」がスタートして6ヶ月が経過しました。この記事では私が実際に運用している「つみたてNISA」の6ヶ月間の実績をご覧頂きながら、マーケットの振り返りと積立投資のメリットについて解説し、オススメの投資信託についてご紹介しています。

「つみたてNISA」で人気の投資信託ランキング|【2018年5月】大手ネット証券3社の順位

「つみたてNISA」で人気の投資信託を教えて欲しいというリクエストを頂くことが多くなりました。そこで当ブログではマネックス証券、楽天証券、SBI証券で発表されている「人気投信ランキング」を毎月まとめてお伝えし、人気の理由やランキングの変動理由などについて解説しています。

つみたてNISAで選ぶべき資産均等型バランスファンドとその理由|4資産・6資産・8資産

つみたてNISAでバランスファンドを選ぶ人が増えています。この記事ではバランスファンドの中でも最もシンプルな「資産均等型」のバランスファンドについて解説し、4資産、6資産、8資産を選ぶ際の基準やオススメのバランスファンドをご紹介しています。

ネット証券各社の「つみたてNISA」の人気商品ランキング|1位はひふみプラス

「つみたてNISA」に興味はあっても、どの投資信託に投資していいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、マネックス証券、楽天証券、SBI証券という大手3社の「つみたてNISA」でどのような投資信託が選ばれているのかをご覧頂きながら、選ばれている理由について解説してます。

丸井のtsumiki証券で「つみたてNISA」を利用してエポスカードを年会費無料のゴールドカードに

この記事では657万人の会員を持つ「エポスカード」を運営する丸井グループが新たに参入する積立投信販売専門の証券会社の特徴と、丸井の「つみたてNISA」を利用してエポスカードを年会費永年無料のゴールドカードに切り替える方法について解説しています。