つみたてNISA一覧

「つみたてNISA」は理想的なスタートになっていると考えられる理由

2018年からスタートした「つみたてNISA」ですが、スタートと同時に世界的な株式市場の調整局面に見舞われてしまい、不安な日々を過ごされている投資ビギナーの方もいらっしゃるのではないでしょうか。それとは逆に積立投資のベテランの皆さんはいい時期にスタートできたと考えているはずです。今回はその理由について解説していきます。

「つみたてNISA」や「iDeCo」で人気化が予想される「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」

「投信ブロガーが選ぶ!ファンド・オブ・ザ・イヤー2017」で1位の座を獲得した「 楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の強力なライバルが出現しました。税込みで0.15336%という格安の信託報酬で世界中の株式に投資できる「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」が2018年3月19日から売り出されます。

3分で完全に理解できるインデックスファンドの選び方と組合せ方のポイント

金融庁は「つみたてNISA」という少額投資非課税制度の対象となる金融商品を選ぶ基準として「長期保有に適する」ものを厳選していますが、結果的に選ばれたのは全体の9割前後がインデックスファンドでした。そこで今回は数あるインデックスファンドの中から自分の目的に合ったものを選び、組み合わせる方法について解説していきます。

つみたてNISAやiDeCoの積立日ランキング|1位は「1日」2位は「月末」だった!

2月25日の日経新聞によると、松井証券における投資信託の積立投資において、最も多くの人に設定されいる積立日は「1日」であり、SBI証券でも「1日」が最も多いそうです。東京株式市場では20ヶ月連続で月末の日経平均株価よりも月初の日経平均株価の方が高い現象が続いており、積立日との関係が噂されています。

社会人なったら毎月1000円の投資経験で老後資産を2倍に増やすスキルを身に付けよう

社会人になっても投資を特別な行為だと考えているようでは「人生100年時代」を豊かに生き抜くことは難しいかも知れません。投資デビューは早ければ早いほど人生を有利に展開していくことができますので、まずは毎月1000円からでも十分ですので、投資をスタートしておきましょう。

「つみたてNISA」で事前の人気が高かった3本の投資信託の純資産額から繰上償還リスクをチェック

「つみたてNISA」のスタートを前に、各運用会社は低コストで魅力的な投資信託を新たに設定し、激しい競争を繰り広げてきました。個人投資家にとってはありがたい状況ですが、新たに設定されたばかりの投資信託は純資産を集めることができなければ繰上償還のリスクが高くなりますので注意が必要です。

2月の株価急落で離脱した「ウェルスナビ」の利用者は僅かに1.3%であった事実から学ぶこと

1月からスタートした「つみたてNISA」ですが、皆さんは利用されていますでしょうか。スタートした途端に2月の下げ相場を経験した人の中には「スタートの時期を間違った」と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、それは大きな間違いなのかも知れません。

「ファンド・オブ・ザ・イヤー2017」の上位10本の投資信託から「つみたてNISA」の投信を選ぶ

年に1度、個人投資家がその年に最も魅力的だと感じた投資信託を選ぶ「投信ブロガーが選ぶ!ファンド・オブ・ザ・イヤー」ですが、2017年の結果を見ると「つみたてNISA」の影響を受けた順位付けとなっており、上位10本に選ばれた投資信託だけで素晴らしいポートフォリオが組めそうです。

「つみたてNISAの積立日は何日にすればいいのか?」という質問に回答します

「つみたてNISA」が2018年1月からスタートしましたが、皆さんは積立日を何日に設定されていますでしょうか。2月1日時点での評価損益がプラスの人もいればマイナスの人もいると思いますが、このような評価損益の差が積立日によって発生しているのであれば、積立日として最も有利な積立日とは何日なのでしょうか。