つみたてNISA一覧

「つみたてNISA」を始めるための手続きをどこよりも簡単に解説!【ケース別】

来年1月からスタートする「つみたてNISA」は有利な非課税の積立制度です。「つみたてNISA」を始めるには金融機関に対して「つみたてNISA」を利用するための手続きを行う必要があります。今回は、「つみたてNISA」を利用するための具体的な手続きについてケース別に解説していきます。

つみたてNISAで初心者が利用すべきおすすめの投資信託とその理由

「つみたてNISA」が2018年1月からスタートしました。将来を考えて投資を始めるにはいい機会だとは思っていても、何にどのように投資をしていいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、投資の初心者が「つみたてNISA」を始める際に参考となる投資信託の選び方について解説していきます。

毎日積立で投資信託の買付リスクを減らせる証券会社はこの3つ!

これから金融資産を増やしていかなくてはならない若年層をターゲットに積立投資のサービスを充実させる金融機関が増えてきています。積立投資の中でも最も細かな時間分散が実現できる「毎日積立」のサービスを提供している数少ない証券会社3社のサービスをご紹介します。

さわかみ投信が金融庁に噛み付いて「つみたてNISA」をスルーする理由

楽天証券やSBI証券など、多くの証券会社がつみたてNISAの口座開設受付を開始し、口座獲得のためのキャンペーンをスタートした当日、さわかみ投信がつみたてNISAの導入を見送るという内容のお知らせをアップしました。どうしてさわかみ投信はつみたてNISAをスルーしたのでしょう。

攻めるニッセイが、りそな、三菱から信託報酬の業界最低記録を奪う!

信託報酬の引き下げ競争が激しくなってきました。8月末にりそなが「つみたてNISA」の対象基準を満たすインデックスファンドの信託報酬を業界最低水準に引き下げるのを見て、三菱UFJ国際投信も引き下げに動き、、ここにきてニッセイアセットマネジメントが業界最低水準に名乗りを上げました。