ロボアド一覧

THEO(テオ)や「ウェルスナビ」にトライオートETFを組み合わせたコア・サテライト運用

この記事では、少額の資金で海外ETFのお任せ運用(自動売買)を手軽にスタートできる「トライオートETF」のメリット・デメリットについて解説し、ロボアドが苦手とするレンジ相場に強い「トライオートETF」とロボアドを組み合わせたコア・サテライト運用をご紹介しています。

AIを搭載した唯一のロボアド「THEO(テオ)」のメリットとデメリット|2018年最新情報

投資のプロである「機関投資家」が利用している最新の運用ノウハウを1万円から利用できるTHEO(テオ)が、2018年5月から国内のロボアドとしては初めてAIを搭載しました。この記事では進化がとまらないTHEO(テオ)の最新情報やTHEO(テオ)のメリット・デメリットについて解説しています。

ドコモのdポイントで気軽に投資信託デビュー|dポイントはロボアドで稼ぐ

投資に興味はあるけどなんだか難しそうだし証券会社の口座を開設するのも面倒だという人に朗報です。ドコモのdポイントを使って証券会社に口座を開設することなく投資信託に投資できるようになりました。ロボアド(THEO)の利用で貯まったdポイントを投資信託に投資するという使い方もアリですね。

ウェルスナビを他社提携サービスで利用するメリットとデメリット|SBI・ソニー・ANA・イオン・浜銀・JAL

「ウェルスナビ」は、SBI証券、住信SBIネット銀行、ANA、ソニー銀行、イオン銀行、横浜銀行でもサービスが提供されています。この記事では、これから「ウェルスナビ」を利用するならどの提携企業のサービスを選ぶのがいいのかについて調査し、まとめています。

ETFのメリット・デメリットを理解して賢く利用するシンプルな方法

ETFと投資信託の違いを理解して上手に利用することで、あなたの資産運用コストを大幅に引き下げることができ、投資戦略の幅も大きく広げることができます。この記事ではETFに関する最新の情報に基づいて、ETFのメリット・デメリットをわかりやすく説明し、簡単に賢くETFを利用するためのシンプルな方法について解説しています。

マネックス証券のロボアド「マネックスアドバイザー」なら0.1%の貸株金利も受け取れる

国内最安手数料で話題となっているマネックス証券が提供するロボアド「マネックスアドバイザー」は日本のロボアドで唯一、運用額に対して0.1%の貸株金利を受け取ることができることをご存知ですか。貸株サービスを利用することのより、「マネックスアドバイザー」の実質手数料は0.2%になります。

積立投資の初心者が相場急落時に失敗しないための事前準備とは

「積立投資は長期的な視点に立ち、目先の相場の上げ下げに一喜一憂しないことが大切」ということは頭の中では分かっていても、現実の相場急落場面ではパニック状態になり、合理的な行動ができないというのが人間というものです。そこで大切になってくるのが相場急落時のプロトコル(行動規範)設定です。