ロボアド一覧

資産運用は最終的にロボアドNo.1の「ウェルスナビ」にシフトすべき理由とは

現役時代は「つみたてNISA」や「iDeCo」を利用して自分でポートフォリオを組んだり、リバランスをしたりする積立運用で金融資産を増やしていきますが、60代、70代の老後資金の運用はロボアドNo.1の「ウェルスナビ」によるリスクをおさえたシンプルな運用にシフトしていく方が安全です。

【ラップ口座比較】ファンドラップ口座の契約件数・契約金額ランキングとサービスの比較

2013年あたりから急速に預かり資産を増やしてきているラップ口座は2018年9月末には8兆円を超える規模となり、大手金融機関の収益の柱となりつつあります。この記事ではファンドラップ大手のランキングやシェア、提供するサービスの特徴、ファンドラップ口座のメリット、デメリットなどについて解説しています。

ロボアド最安手数料|マネックスアドバイザーの特徴と始め方をどこよりも親切に解説してみる

ほとんどのロボアドは年間の手数料を運用資金の1%前後に設定していますが、マネックス証券の「マネックスアドバイザー」は年間手数料が0.3%という驚愕の低コスト。そこで今回はマネックスアドバイザーで運用するまでの流れを実際の取引画面をお見せしながらどこよりも親切・丁寧に解説していきます。

楽天証券のロボアド「楽ラップ」はラップ口座よりも手軽でお得!

大手ネット証券で最初にロボットアドバイザーのサービスを提供した楽天証券。東大発のフィンテックベンチャー「Finatext」、世界最大級の資産運用アドバイザリーサービスを提供する「Mercer」、米国最大級の資産運用会社である「SSGA」などとタッグを組んで開発した「楽ラップ」の実力(メリット・デメリット)とは。

ロボットアドバイザーTHEO(テオ)|1万円から気軽にスタートする国際分散投資のメリット

この記事では、1万円から手軽に機関投資家と同等の国際分散投資ができるTHEO(テオ)のサービスを紹介し、そのメリットとデメリットについて解説しています。THEO(テオ)は2018年5月16日から国内のロボアドとして初めてAIを搭載しています。THEO(テオ)の最新情報は下記にまとめてあります。

ウェルスナビのメリットとデメリットを分析してわかったロボアドNo.1の理由【ロボットアドバイザー1位】

数あるロボアドのサービスの中で、ウェルスナビは預かり資産、利用者数においてNo.1のトップブランドであることは間違いありません。今回はウェルスナビのサービスの特徴や、ウェルスナビのメリット・デメリットについて解説していきます。

もう安心!特定口座対応で確定申告不要の5つロボアドを紹介する

ロボアドに投資を任せているのに、結局は自分でロボアドが行った売買データをまとめて確定申告をするなんて、考えただけでも面倒ですよね。そこで今回は、確定申告が不要なロボアド選びと申込時の注意点について簡単にまとめてみました。これからロボアドを選ぶという方は是非参考にしてみて下さい。