ロボアド一覧

ロボアド最安手数料|マネックスアドバイザーの特徴と始め方をどこよりも親切に解説してみる

ほとんどのロボアドは年間の手数料を運用資金の1%前後に設定していますが、マネックス証券の「マネックスアドバイザー」は年間手数料が0.3%という驚愕の低コスト。そこで今回はマネックスアドバイザーで運用するまでの流れを実際の取引画面をお見せしながらどこよりも親切・丁寧に解説していきます。

楽天証券のロボアド「楽ラップ」はラップ口座よりも手軽でお得!

大手ネット証券で最初にロボットアドバイザーのサービスを提供した楽天証券。東大発のフィンテックベンチャー「Finatext」、世界最大級の資産運用アドバイザリーサービスを提供する「Mercer」、米国最大級の資産運用会社である「SSGA」などとタッグを組んで開発した「楽ラップ」の実力(メリット・デメリット)とは。

ロボットアドバイザーTHEO(テオ)|1万円から気軽にスタートする国際分散投資のメリット

この記事では、1万円から手軽に機関投資家と同等の国際分散投資ができるTHEO(テオ)のサービスを紹介し、そのメリットとデメリットについて解説しています。THEO(テオ)は2018年5月16日から国内のロボアドとして初めてAIを搭載しています。THEO(テオ)の最新情報は下記にまとめてあります。

ウェルスナビのメリットとデメリットを分析してわかったトップブランドの実力

数あるロボアドのサービスの中で、「ウェルスナビ」は預かり資産、運用者数においてNo.1※のトップブランドであることは間違いありません(※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2019年9月末現在)」よりモーニングスター社調べ(2019年12月時点))。今回はロボアド「ウェルスナビ」のサービスの特徴や、「ウェルスナビ」のメリット・デメリットについて解説していきます。

ロボアドベスト6を比較!ポートフォリオから見えるロボアドの個性

ロボアドの数が増えてきて、どのロボアドを選んでいいのか迷う人も増えてきています。いっそのこと「ロボアドを選ぶロボアドがあればいいのに」なんて考えていたりしませんか?今回の記事ではロボアド選びの参考として、主要な6つのロボアドが提案するポートフォリオを比較し、それぞれのロボアドの個性を浮き彫りにしてきいます。

ロボアドでiDeCoをお任せ運用できるMYDCの実力診断【お金のデザインTHEO(テオ)】

ロボアドを利用してiDeCoを運用したいというニーズは高いと思います。現在、唯一このニーズにこたえているのがロボアド「THEO(テオ)」でおなじみの「お金のデザイン」が提供する「「MYDC」というサービスです。この記事では「MYDC」の説明とその実力について解説していきます。

【ロボアド比較】驚き!ロボアドのリバランス機能は各社でこんなに違う!

ロボアドのサービスを選ぶ場合、自動リバランス機能の有無を選択の基準として考える人が増えています。リバランスの方法や頻度はロボアドによって異なりますが、どのような方法で、あるいはどの程度の頻度でリバランスするのがいいのでしょうか。各社のロボアドのリバランスを比較してみました。