「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の結果から分かる購入すべき投資信託

シェアする

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の結果が発表されました。この記事では、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」で選ばれた投資信託について解説し、「つみたてNISA」や「iDeCo」で選ぶべきオススメの投資信託をご紹介しています。

投資信託を購入する立場から見たランキング

個人投資家が自分たちにとって魅力的だと思う投資信託を選ぶというコンセプトでスタートした「投信ブロガーが選ぶ!ファンド・オブ・ザ・イヤー」は既に10年以上の歴史があります。

2007年に20名の投信ブロガーによる投票からスタートした「投信ブロガーが選ぶ!ファンド・オブ・ザ・イヤー」ですが、2018年の「ファンド・オブ・ザ・イヤー」では241名の投信ブロガーが投票に参加しており、その影響力は年を重ねるごとに大きくなってきています。

投資信託のランキングはいたるところで目にすることがあると思いますが、投資信託を販売するサイドから見た「優れた投資信託」と、実際に投資信託を購入するサイドから見た「優れた投資信託」には大きな違いがあります。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」は投信ブロガーという特殊な立場の個人のみが投票を許されるルールとなっており、金融機関や金融機関から莫大な広告費をもらっているメディアによるランキングとは異なり、あくまで購入者目線での順位付けが行われているという点で、これから投資信託を購入しようとお考えの方にとって非常に参考となるランキングだと言えます。

販売するサイドから見れば、「たくさん売れる投資信託(証券会社や銀行が売りやすい投資信託)」が優れた投資信託ということになりますし、もう少し踏み込んだ表現をお許し頂けるなら「販売サイドが儲かる投資信託」こそが優れた投資信託だというのが本音だと思います。

一方で、実際に投資信託を購入するサイドから見れば、「期待通りのパフォーマンスを出してくれる投資信託」が優れた投資信託であり、期待を裏切る結果となった投資信託には厳しい評価を出すことになります。

このように書いてしまうと結果論で評価するという印象を持たれてしまいそうですが、評価の基準はあくまで「パフォーマンス」であり「リターン」の大小を評価の基準にする訳ではありません。

例えば、同じ指数をベンチマークとする投資信託であれば、「指数との連動性」が高いことや「運用コスト」が低いこと、「情報開示の姿勢」、「運用会社のポリシー」などが評価の基準となり、指数がの上げ下げによるリターンの大小で評価する訳ではありません。

ただし、これはパッシブ運用(インデックスファンド)についてのお話であり、アクティブ運用(アクティブファンド)の評価に対しては「リターン」が占める割合が高くなる傾向は否めません。

ここ数年続いた株式市場における上昇トレンドは2018年2月あたりから調整局面に入っており、これまで順調に市場平均を上回るリターンをたたき出してきた「ひふみ投信」のような人気のアクティブファンドもこれまでのようなリターンが出し辛くなってきています。

この辺りの事情が今回の「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の結果にも少なからず反映されているように感じます。

Fund of the Year 2018|結果発表

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」においてTop10にランクインした投資信託は以下の通りです。

1位:eMAXIS Slim先進国株式インデックス
2位:<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
3位:eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
4位:楽天・全米株式インデックス・ファンド
5位:eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
6位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
7位:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
8位:eMAXIS Slim全米株式(S&P500)
9位:楽天・全世界株式インデックス・ファンド
10位:eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

ご覧の通り、Top10にランクインした投資信託の半数を占めているのは三菱UFJ国際投信が運用する「eMAXIS Slimシリーズ」となっています。

「eMAXIS Slimシリーズ」はオンラインでしか購入できない業界最安コストの投資信託シリーズで、最大の特徴は他社が運用する同種類の投資信託の信託報酬を常に意識し、「eMAXIS Slimシリーズ」が業界最安コストになるように努める(他社が信託報酬を引き下げたら自社も引き下げて業界最安を維持する)ことを宣言しているという点です。

つまり、「eMAXIS Slimシリーズ」を選んでおけば常に業界最安の信託報酬で運用してくれるということになりますので、長期投資を前提とした積立投資などにもピッタリの投資信託だということになります。

TOPIXや日経平均に連動する投資信託、新興国の株式市場に投資する投資信託がTop10にランクインしていないのは、全世界のGDPにおける日本や新興国のGDPシェアがそれぞれ10%前後しかないためだと想像できます。

このような小さなシェアの市場に単独で投資する投資信託を個別に選んで組み合わせるより、これらの市場も含めた全世界の株式市場に投資する投資信託を1本だけ選ぶ方が管理が楽だというのが現在の投資信託選びのトレンドになっています。

一昔前までの個人投資家は、日本の株式市場、先進国の株式市場、新興国の株式市場などといった特定市場の資産クラスごとに設定された個別の投資信託を組み合わせることで運用コストを引き下げて国際分散投資を行っていました。

しかし、現在では1本の投資信託で全世界の株式市場に分散投資してくれる「全世界系」の投資信託が格安の信託報酬で設定されており、わざわざ複数の投資信託を購入して定期的にリバランスを行うような投資家は少数派となっています。

アクティブ運用の投資信託がTop10にひとつもランクインしていないという点も、2018年の株式市場の動きを象徴する非常に興味深いポイントです。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」では日本を代表するアクティブ投信とも言える「ひふみ投信」が6位にランキングされていましたが、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」ではTop10から名前が消えています。

「ひふみ投信」はこれまで素晴らしいパフォーマンスを残してきたアクティブ運用の投資信託ですので、購入者の期待値も人気も年々高まってきていました。ところが2018年に株式市場が調整局面に入ったことで、かつてのパフォーマンスに多少の陰りが見えてきたことがランキングにも少なからず影響しているようです。

あるいはこれまで長く続いた人気よって運用資産が大きくなり過ぎていることが原因となり、「ひふみ投信」がこれまで行っていた運用手法を変更せざるを得ななくなっているという点に投信ブロガーが危機感を持ち始めているということなのかも知れません。

おすすめの投資信託(リスク・リターン別)

投信ブロガーの多くは、インデックスファンドを利用した長期分散投資を運用のコアとしており、特定のテーマや資産クラスに集中して投資するような投信ブロガーは少数派です。

投信ブロガーの基本戦略は、運用のコア部分では主に世界経済の成長を見込んで幅広く世界中の株式市場や債券市場に分散投資することによって、市場平均に等しいリターンを狙うというものです。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の結果を見ると、このようなコア部分の運用を行うために必要な投資信託が数多く選ばれています。

具体的には、世界のGDPの半分程度を占める米国の株式市場に投資する投資信託、世界のGDPの8割近くを占める先進国の株式市場に投資する投資信託、あるいは1本の投資信託だけで効率よく世界中の株式市場に分散投資できる「全世界系」の投資信託、株式だけではなく債券や不動産などのアセットクラスも含めて分散投資するバランスファンドがTop10にランクインしています。

これらTop10にランクインしている投資信託はどれも素晴らしい投資信託ですので、どの投資信託を選んでも大きく後悔するようなことはないでしょう。

ただし、リスク・リターンという点では投資信託ごとに異なる特性を持っていますので、ご自身が許容できるリスクの大きさを基準に投資信託を選ぶのが良いでしょう。

Top10の中でリスク・リターンが比較的小さいのは世界中の株式に50%、世界中の債券に50%の割合でバランスよく投資する「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」です。

株式だけに投資する投資信託に比べて「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の値動きは比較的マイルドになりますので安心して保有し続けることができる反面、リターンの面でも値動きはマイルドになりますので、これから資産を形成していこうという若年層には少し物足りない投資信託だと言えるかも知れません。

同様に「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」も株式だけではなく債券、不動産にも投資していることから株式だけに投資する投資信託よりも値動きはマイルドになります。

ただし、8資産均等型は日本や新興国への投資比率がGDP基準から見た場合、ややオーバーウエートになるため、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」よりもややリスク・リターンは高めになると考えておくといいでしょう。

次にリスク・リターンが小さいのは、日本を除く先進国の株式市場に超低コストで投資する「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」の2本です。値動きの荒い新興国への投資を避けて先進国にのみ投資するというスタンスがお好みの方、これら2本をコアとして他の投資信託を組み合わせたいという方には最適な投資信託です。

新興国の株式市場も含めて世界中に投資をしたいという方には、日本を投資先に含む「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」、日本を投資先から除く「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」という2通りの選択肢があります。既に日本株に投資している方、日本の株式市場の先行きにネガティブな意見をお持ちの方は日本を投資先から外しておくことをオススメします。

最もハイリスク・ハイリターンなのは米国の株式市場のみに投資する「楽天・全米株式インデックス・ファンド」「eMAXIS Slim全米株式(S&P500)」です。全世界のGDPの半分程度は米国が生み出しており、これまでもこれからも最も成長が期待できるのが米国経済だとお考えの人にとって、米国の株式市場は最も効率的な投資対象だと言えます。

まとめ

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の結果を見ると、個人投資家が長期分散投資を行うことを前提にした非常に素晴らしい投資信託が選ばれているというのが私の個人的な感想です。

Top10にランクインしている投資信託のうち5本は私も保有しており、残りの5本についても当ブログで昨年取り上げてきたものばかりです。設定されたばかりの投資信託も含まれており、純資産額だけを見ると投資しにくい投信も含まれていますが、投信ブロガーは私も含めて「新しいもの好き」なのだということを再認識させられました。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」はランキングという形式をとっていますが、上位にランキングされている投資信託が全ての個人投資家にとっての最適解ではなく、個人のリスク許容度によって選ぶべき投資信託は異なります。

具体的な投資信託選びの前に、ご自身のリスク許容度についてじっくりと考えてみることをオススメします。