自営業やフリーランスが優先すべき老後の資金対策は「iDeCo」?それとも「国民年金基金」?

シェアする

老夫婦の画像

アルバイトで生計を立てているフリーターの皆さん、自営業、フリーランスとして働いている皆さんが、老後の生活資金を準備する場合、基本となるのは「国民年金」ですが、それだけでは不安な場合は「iDeCo」あるいは「国民年金基金」の利用が可能です。今回は「iDeCo」と「国民年金基金」の違いと選択の基準についてです。

会社員の老後には手厚い制度がある

会社員には企業年金、厚生年金、退職金制度などがあり、これらだけでも老後の生活資金の半分程度、持家のある人の場合であれば老後資金の大半はまかなえるとい人もいるでしょう。これに対してアルバイトで生計を立てているフリーターや自営業者、フリーランスにはこのような手厚い制度はありません。

厚生労働省でも、このような事情を考慮して年金制度を見直した結果、今では会社員や公務員でなくても基礎的な年金に上積みできる二階建ての年金制度が整備されています。ただし、このような会社員以外を対象とした二階建て部分は厚生年金と違ってあくまでオプションであり、強制加入ではないため制度の利用は十分に進んでいません。

国民年金は平均寿命で元はとれそう

国民年金は20歳を超える国民の全員が加入する年金制度であり、この部分が基礎的な年金(一階部分)となります。この記事を書いている時点における国民年金の毎月の掛け金は、所得とは関係なく一律で1万6300円となっていますが、まとめて前納することで掛け金は割り引かれますし、金融機関の口座からの自動引落としを利用することでも割引を受けることが可能です。

このような割引を利用せずに20歳から60歳まで掛け金を支払った場合、掛け金に変更がなければ40年間で782万4000円を支払うことになります。

このように40年間掛け金を支払い続けた人が65歳から受け取ることができる年金額は年間で77万9300円(現時点での実績)となっており、単純計算では年金の受取開始から10年程度で支払った以上の年金額を受け取ることができます。言い方は悪いですが75歳まで生きれば元が取れるということになります。

実際には掛け金は引き上げられるでしょうし、物価上昇率なども計算しなければなりません。それでも年金制度がこの先破綻しないという前提で考えると、平均寿命まで生きれば元は取れそうなイメージです。

国民年金だけでは老後の生活は無理

国民年金の現在の年金支払い額は月額6万5000円程度であり、国民年金だけで生活していこうとすれば夫婦二人で月13万円で生活しなければなりません。

持家があり、死ぬまで病気知らずで、親の介護や子どもにもお金がかからないという条件をクリアした上で贅沢をしなければ生活できるのかも知れませんが、現実的には国民年金だけで老後の生活資金をまかなうことは不可能です。

会社員の場合は国民年金だけではなく、厚生年金も支給されますが、それは所得に見合った掛け金を毎月の給料から支払っているからです。同様に、国民年金だけしか支払っていない自営業者やフリーランスも、国民年金以外の年金制度に掛け金を支払うことで会社員と同じ様に年金額を増やすことができます。

自営業者やフリーターなどが利用することができる個人年金制度としては「国民年金基金」と「iDeCo」の2つがあります。

「国民年金基金」と「iDeCo」の違い

「国民年金基金」の基本的な仕組みは国民年金とほぼ同じです。国民年金の掛け金は毎月1万6300円ですが、この掛け金をもっと増やして投資元本を増やせば将来受け取ることができる年金額も増やすことができます。このような掛け金の追加を行う制度が「国民年金基金」です。

「iDeCo」も個人年金制度の一つですが、「国民年金基金」との最大の違いは、掛け金の運用を自分で行うことです。国民年金も「国民年金基金」も掛け金を支払うだけで、年金の運用は「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF)が行います。

「国民年金基金」は加入時期と加入時の年齢によって予定利回りが決まっており、制度が始まった当初は5.5%程度の利回りでしたが現在は1.5%程度まで低下しています。従って、自分の力で年率1.5%以上で運用する自信があれば、「国民年金基金」を利用するのではなく「iDeCo」を利用する方がいいでしょう。

自分で運用する自信のない方は「国民年金基金」を利用してもいいと思いますし、「iDeCo」を利用していても運用を定期預金で行っているなら「国民年金基金」の方がリターンは大きくなるでしょう。

年間の掛け金上限額(両方合わせて年間81万6000円)の範囲であれば、両方を利用することも可能ですので、自分でも運用しながらある程度は「国民年金基金」を利用して1.5%で運用する方法もあります。

「国民年金基金」も「iDeCo」も掛け金の全額が所得から控除されるため、毎年数万円の節税効果が期待できるという点では同じですので、自営業者やフリーランス、フリーターの方で、ある程度の安定した所得があるなら、どちらかの利用を検討してみてはいかがでしょう。

会社員の方は「国民年金基金」を利用することはできませんが、「iDeCo」の利用については検討する価値があります。会社員の方の「iDeCo」の利用につきましては以下の記事でまとめてありますので、是非ご覧下さい。

「iDeCo」とは節税しながら老後資金の準備ができる、とても有利な個人年金制度です。今回は、2018年から導入された新しいルールも含め、誰でも3分で「iDeCo」の始め方が分かるように、どこよりも分かりやすく解説してみたいと思います。

まとめ

「国民年金基金なんて、この先どうなるか分からないから信用できないよ。」という方もいらっしゃると思います。今のままでは年金制度が先細りするという考えは杞憂とは言い切れず、将来「国民年金基金」が破綻しないとは言い切れません。

年金制度に不安を感じておられる方は、「iDeCo」を利用して自分のお金を自分で運用し、60歳になったら一時金としてさっさと受け取る方が安心できるでしょう。

長生きリスクに対応するために終身で年金を受け取りたいという方は「iDeCo」で運用するよりも「国民年金基金」を利用した方がいいでしょう。ただし、年金制度が抱えるリスクについては予め理解しておく必要があります。また、「国民年金基金」は加入タイプによって加入者が死亡した場合に遺族に支払われる一時金の取り扱いが異なりますので注意が必要です。

運用に自信のある方は「iDeCo」と「つみたてNISA」を上手に利用することで老後の資金をつくることも可能だと思います。

この記事では「iDeCo」と「つみたてNISA」のメリットやデメリットについて説明し、これらを組み合わせて利用することで計画的に老後資金を積み立てていくための具体的な方法について解説しています。

確実に言えることは、国民年金だけで老後の資金をまかなうことは不可能であり、なんらかの手段で自分の老後資金を確保していく必要があるということです。

節税効果の高さを考慮すると「iDeCo」と「国民年金基金」は最優先で検討すべき運用制度であり、1.5%の利回りで満足できるかどうかという点と、「国民年金基金」の制度そのものへの信頼が選択のポイントになるでしょう。

私の場合は制度や運用の透明性、私が死んだ場合の積立資金の取り扱いなどを考慮して「iDeCo」の利用を選択しています。10年、20年という時間を利用すれば1.5%のリターンを狙うことはそんなにハードルが高い運用ではないというのが私の考えです。