iDeCoをターゲット・イヤー ・ファンドで運用するメリットとデメリット

改正DC法の施行により、「iDeCo」の指定運用方法としてターゲット・イヤー・ファンドを選ぶ金融機関が増えそうです。この記事ではターゲット・イヤー・ファンドの説明に加え、「iDeCo」でターゲット・イヤー・ファンドを利用するメリットとデメリットついて解説しています。

改正DC法で「iDeCo」の運用商品数は35本以下に|SBI証券利用者が気をつけるべきポイント

「確定拠出年金制度等の一部を改正する法律」の施行され、「iDeCo」で利用できる運用商品数の上限が35本となり、基本運用商品が投資信託に切り替わります。この記事では60本を超える運用商品数を誇るSBI証券を利用する際に注意すべきポイントや基本運用商品の変更について解説しています。

マネックス証券の「つみたてNISA」で振込を自動化する定期自動入金が便利過ぎる

「つみたてNISA」で意外に面倒なのが証券会社への振込入金です。マネックス証券では毎月自動かつ無料でこちらが指定した銀行から任意の金額を証券総合口座やNISA口座に振り込む「定期自動入金サービス」が利用できますので「つみたてNISA」を完全自動で行うことができます。