初めての資産運用でロボアドの利用をおすすめする理由と利用すべきロボアドとは

今から資産運用をスタートするなら、本格的な国際分散投資を手軽にスタートできるロボットアドバイザー(ロボアド)の利用をお勧めします。ただし、ロボアドなら何でもいい訳ではありません。今回は初心者の方にお勧めのロボアドとその理由について詳しく解説していきます。

富裕層向けのファンドラップが恐れる楽天証券のロボアド「楽ラップ」の実力とは

数あるロボアドのサービスの中で、完全に標的を「ファンドラップ口座」にロックオンしているのが楽天証券が提供する「楽ラップ」です。今回は他のロボアドを競争相手とせずに「ファンドラップ口座」の顧客をターゲットとしている「楽ラップ」について解説していきます。

資産運用は最終的にロボアドNo.1の「ウェルスナビ」にシフトすべき理由とは

現役時代は「つみたてNISA」や「iDeCo」を利用して自分でポートフォリオを組んだり、リバランスをしたりする積立運用で金融資産を増やしていきますが、60代、70代の老後資金の運用はロボアドNo.1の「ウェルスナビ」によるリスクをおさえたシンプルな運用にシフトしていく方が安全です。

「つみたてNISA」のアクティブファンドなら「ひふみプラス」か「結い2101」を選ぶ

「つみたてNISA」で国内の株式市場に投資する場合の選択肢としてはTOPIX連動の低コストなインデックスファンドに投資するのが一般的ですが、国内株式への投資ならインデックスファンドを上回るリターンを出しているアクティブ運用の投資信託を上手に利用できる可能性があります。

三菱UFJ国際投信の信託報酬42%引下げに見る業界最安コストへのこだわり

2018年1月30日から「つみたてNISA」の対象投資信託である「eMSXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬が現行の0.1890%から0.1095%へ引き下げられることが、運用会社の三菱UFJ国際投信から発表されました。唯一の収益源である信託報酬を42%も引き下げた理由とは。