お金と時間は節約せずに自由を手に入れるために投資しよう

シェアする

アイキャッチ画像

30代までは出を減らすより入を増やす

活動エネルギーが豊富で最も吸収力の高い30代の時期は節約なんて考える時期ではありません。「今の10倍稼ぐためにはどうすればいいか」くらいのスケールで将来を考え、そして行動するために時間と頭を使うべき時期です。この時期にどれだけの準備と行動を起こせたかによって生涯年収がほぼ決まると言っても過言ではありません。

そもそも普通のサラリーマンやOLであれば20代~30代の頃の収入はそんなに大きな金額ではないはずです。無理して地味に節約なんてしたところで捻出できるお金は月にせいぜい数万円程度です。仮にあなたが世界一の節約の達人になったとしても節約で捻出できる金額はあなたの収入を超えることはありえません。

この時期はまずは収入を増やすことに集中し、つまらない節約をするよりも自分に対して可能な限りの投資をしていきましょう。投資と言ってもお金だけの話ではありません。「時間」という資産は、あなたが収入を増やすための行動に欠かせない重要な要素です。わずかなお金を節約するために貴重な時間を費やすようなことはさけなければなりません。

40代はお金への考え方を変える

「30代まで考えなかった節約も40代からはそろそろ考えよう」なんていう守りの発想は人生をつまらないものにするだけです。30代まで収入を増やすための行動に集中したあなたはその努力が実り、40代にもなればそこそこの収入を手にしているかも知れません。

しかし、目指すべきゴールはそこではありません。一度きりの人生をそこそこのレベルで終わらしてしまったのでは勿体無いと思いませんか。40代は更なる飛躍を目指すためにお金に対する考え方を変えるべき時期です。

40代に入って考えるべきことは、お金を稼ぐための仕組みづくりについてです。30代までは自分が働いて稼ぐことを中心に考えていた人も、40代になったら自分が働かなくても稼げるような仕組みを作り上げる方向にシフトチェンジしていきましょう。

30代までの人にとってお金は自分の財産であり、いかにこれを多く保有するかということに考えが偏りがちです。ところが、40代にとってのお金とはお金を稼ぐための材料の一つに過ぎず、保有するのではなく活用すべきものであるという考え方に変えていかなければなりません。

お金を持っていることではなく、お金を稼ぐ仕組みを持っていることが豊かさです。お金を稼ぐ仕組みを持っていない人は持っているお金が全てですから、少しでも減らさないように努力するしかありません。お金持ちなのに節約ばかり考えてケチくさい人間になってしまわないためにも40代でお金に対する考え方を変えていきましょう。

50代からは自由を手に入れる

40代から準備してきたお金を稼ぐ仕組み作りを完成させるのがこの50代です。60歳を過ぎて会社を定年退職した後の自分の人生を充実させること。そのために最も必要なこととは自ら積極的に社会に対して何らかの価値を提供していくこと、つまり働き続けることです。

ただし、働き方は現役のサラリーマンやOL時代と同じではありません。できるだけ短い労働時間でお金を生み出す仕組みを作り、お金と自由をバランスよく手に入れることを目指しましょう。

この時期までにはあなたはそこそこの蓄えもできているはずです。決して大金を稼ぐことを考える必要などないのです。余裕を持った働き方でこれまでは手に入らなかった自由とある程度のお金を手に入れられる仕組みを完成させましょう。

また、50代と言えばまだまだ現役ですが、遺伝子レベルでの老化は既に始まっています。テニスやフットサルなどと言った運動量の多いスポーツを楽しめるのもあと少しの時間かも知れません。人生の後半戦を健康に過ごすための運動習慣がない人はこの時期に運動の習慣をつけていきましょう。健康はお金と同等以上の価値があることをこの時期までに理解しておくことが必要です。

60代を過ぎれば大きな出費は減る

50代までにお金を稼ぐ仕組みを作ることができていなかったとしても心配することはありません。60代から準備しても遅いなんてことは決してありません。

ただ、危機感を持つことは目標の達成に向けてのエネルギーを生み出します。人生の後半戦である60歳以降の自分の暮らしについてベストシナリオとワーストシナリオをイメージしてみて下さい。そうすることによってベストシナリオ実現へ向けてのエネルギーを蓄えましょう。

60歳を超えると物質的な欲望もなくなり、家のローンや子どもの教育費などの心配からも開放され、何もしなくとも自然に家計はダウンサイジングされていきます。つまり節約など意識しなくても勝手に節約できているのです。

ただ、断捨離に代表されるシンプルな暮らし方は、やり始めると楽しくなってついついやり過ぎてしまうことがあります。家族を不安な気持ちにさせない程度にゲーム感覚で楽しむことが重要です。

60歳からの人生はとても長くなってきています。のんびりと過ごすには長すぎるその先の30年を自由で尊厳と輝きに満ちたものにするために60歳からも精力的に社会と関わっていきましょう。