投資で成功するために必要なたったひとつの才能とは

シェアする

アイキャッチ画像

「株に投資する」ことと「株を取引する」ことは根本的に違うのですが、多くの人はその違いに気がついていません。資産運用に失敗した人は、投資に失敗したのか取引に失敗したのかを、この機会に一度よく考えてみて下さい。

投資とは価値を生み出す物の保有

投資とは、収益を生み出すもの、あるいは普遍の価値を持っているものと、自分のお金を交換して保有し続ける行為です。

「投資している」とは「価値あるもの、あるいは収益を生み出すものを保有している」ことですので保有していることに意味があり、保有しているものの時価評価に大きな意味はありません。

つまり、投資とは時価評価が高くなっても安くなっても「保有し続ける」ことができるものを見つけることが全てで、一度投資した後にやれることは投資判断が正しかったのかどうかを定期的に確認することくらいです。投資には技術や経験は必要ないのです。

配当金を受け取りながら長期に渡ってその会社の成長を見守るというのが本当の株式投資の醍醐味であり、成功の秘訣です。「株価が上がっても決して売らない」という信念を持って保有し続けるだけの魅力ある企業を見つけるまでは株は買わないで下さい。

投資に必要な能力とは価値あるものを見つけ出す能力だけです。投資のタイミングも重要ですが、タイミングが分からない場合は定期的に同じ金額ずつ小分けに買えばいいのです。

例えば「金(Gold)」には普遍的な価値があると判断した場合、毎月数千円程度を積み立てて行くことからスタートすればいいですし、新興市場の経済が伸びると思うのであれば、その市場に連動するインデックスファンドを積立投資していくだけでOKです。

取引とは価格変動を予測するゲーム

「取引」という行為の対象は「値動き」であって「もの」ではありません。値動きさえ予測できればどんなものであっても取引の対象となりえます。1000円のものが1030円に値上がりすることが確からしいと思えるなら、それが株であっても外国為替であっても金であっても問題ではありません。

取引に必要な能力とは値動きの確からしさを判断する能力とリスクをコントロールする技術です。リスクをコントロールする技術は学べば誰でも習得できるのですが、多くの人がリスクコントロールを身につけないまま取引をして失敗しています。

取引は投資と違って取引そのものに娯楽性があります。取引の楽しみ方は人それぞれですが、全ての人が楽しめるものではなく、向き、不向きのあるゲームだと言えます。従って「資産を増やしたい」という目的だけを考えるのであれば、向き不向きのある取引ではなく、誰にでも簡単に取り組める投資をすべきです。

時間は投資の「味方」で取引の「敵」

投資は時間を味方にして資産の価値を高めていきます。それに対して取引では時間はリスクでしかありません。リスクを大きく取ればリターンも大きくなりますが、多くの人が許容できるリスクの最大値を超えた取引をしたために大きな損失を出しています。

取引で失敗したくなければできるだけ短期の取引を心がけるべきです。数分以内で結果が出るくらいの取引であれば大きな失敗をすることはありません。できるだけ確実に小さな利益を積み重ねていくのが取引の基本です。1回の取引で大きなリターンを狙うのは資産運用ではなく「投機」です。

投資が時間を味方につけることができるのは、分散投資と積立投資を利用するからです。個別株式に単発で投資しても時間が味方になってくれるとは限りません。できるだけ複数の投資対象に長期間に渡って少しずつ投資していくことで時間は投資の味方になるのです。

これから投資を始めるならいきなり大金を投資しないで少額の積立投資から始めましょう。少額の積立投資を成功させるためには絶対に知っておかなければならないコツがあります。期待以上の結果を出すための積立投資のコツとは・・・。

取引を途中から投資に切り替えない

「すぐに値上がりすると思って買った株が値下がりしたので、値段が戻るまで気長に待つことにした。」なんてことを言う人がいたらどう思いますか?

私の経験上、取引のつもりで始めたものを投資に切り替える行為はほとんどの場合、上手く行きませんなぜなら、第一に、本来であれば取引をするための資金が投資という形で拘束されてしまい、リターンを生むチャンスが潰されてしまいます。

第二に、値上がりすると予想したものが値下がりした時点で取引は失敗しています。再び値上がりすると思うなら一度損切りをしてから改めて買い直すべきなのですが、多くの人は損切りした途端に冷静さを取り戻し、再び同じものを買い直すことはありません。

つまり、損切りする勇気がないから取引は投資に切り替わるのです。ですから、損切りする勇気のない人は取引をする前に撤退ポイントを決めてしまいましょう。具体的な方法については以下の記事を参考にして下さい。

投資で勝つ人が取引を始める前に必ずやっていることがあります。初心者の多くはこれをしないせいで、大きな損失を出して投資の世界から消えていってしまいます。この記事ではこれから投資を始めようとお考えの初心者の方に投資のゴール設定について解説していきます。

「いくら負けたら撤退するのか」を事前に決めておけば取引が投資に切り替わることはありません。取引をする人は取引を続けることが成功への道であり、投資という脇道に逃げたところでそこは行き止まりでしかないということをしっかりと理解しておきましょう。